本文へスキップ

たくさんの思い出ブログ。

子供と北アルプスの女王燕岳登山!2016/7/18.19

燕岳1泊2日燕山荘宿泊コース。

長野県北アルプスにある燕岳(つばくろだけ)に小学校低学年の子供(長男)と1泊2日の燕山荘宿泊コースに挑戦!

北アルプスの女王燕岳登山にチャレンジ!
さあ、この先どうなる事やら(^_^;)!?
今回のメンバーは、
じぃじばぁば(父親)・長男
はお留守番(^_^;)。

燕岳標高2,763 m北アルプス三大急登の一つ
よく整備された登山道で、北アルプスの初心者入門コース
と言われ、山の楽しさが揃っている美しい山とのことで女王と呼ばれています(^^)b



さあ、燕岳物語のはじまりはじまり!
ここで、
燕岳1泊2日登山コース予定表。
・登山前日、夜9時(浦安)出発。

コンビニに立ち寄り、食料(朝食昼食・お菓子・飲み物など)調達。

・燕岳登山口付近駐車場、安曇野市営第一から第3駐車場に駐車予定。(約120台
無料
 この燕岳登山口から1番近い安曇野市営駐車場は、休日などは空いていることがほとんどなく繁忙期の日中などは駐車場に止められない車の路上駐車による路線バス通行障害などで大渋滞があるので注意!
今回私達は、現地(安曇野市営駐車場)着の予定時間は
深夜なので、一応行ってみて空いていなければ安曇野市しゃくなげ荘駐車場に車を止め、定期バスorタクシーで登山口まで行く予定。
バスorタクシーは家族4人で片道1万円ぐらい。


・登山開始。
燕岳登山口スタート

距離1K高度差200m
約50分で第一ベンチ(
水場あり)。

さらに距離700m高度差160m
約50分で第二ベンチ。


さらに距離800m高度差180m
約50分で第三ベンチ。


さらに距離600m高度差200m
約50分で富士見ベンチ。

さらに距離700m高度差160m
約50分で合戦小屋(休憩小屋)標高2363m
・合戦小屋

ここで名物?のスイカを食べる!

さらに高度差350m 約90分で
本日の宿泊する
燕山荘標高2712m
休憩&燕山荘受付&仮眠。
荷物を部屋に置き燕岳山頂へ!
ここまでのコースタイム340分
私達は、こまめに休憩(昼食も)&ゆっくり登るので+1~2時間予定。


さらに燕山荘から約30分で燕岳山頂標高2763m
燕山荘へ戻る!

さらに約30分
燕山荘
 ここで夕食&宿泊。


翌日
・下山。コースタイム約4時間。

・日帰り温泉&美味しそうなお店で昼食&おみやげ屋さんに立ち寄り帰宅。

・夕方帰宅予定。



さあ、出発!
仕事から帰り、夜9時頃浦安出発!

山の準備(荷物など)は子供を含め2週間前ぐらいから始めていたので
準備万端(^_^)!?
土曜
日曜の仕事が終わり、夜9時から遊びに行く事など子供が生まれてからはほぼないので、疲れてはいますがテンションが上がりますね!


途中の高速PAで車中泊している車が多かったですね。

目的地の山に近づき、登山口付近の駐車場は多分空いていないだろうと思いながらも一応燕岳登山口付近駐車場(安曇野第一市営駐車場)へ行くと、運よく空いていたので駐車し朝方まで仮眠。
夜の山道は真っ暗闇でクネクネ道なので運転注意!

登山開始予定時刻まで時間があるので、

車中泊?車中仮眠?気持ち良さそうに寝ています。
明日は頑張ろうね!


登山初日!

朝方は
涼しいです。
車内で朝食を済ませ登山準備を始めます。

ここ(安曇野市営第一駐車場)にはトイレが2つあります。
ただ、
キレイとはお世辞でも言えません(>_<)。
まあ、山のトイレはこんなものでしょうが
(^_^;)。


さあ、登山開始(^^)v

少し歩くと・・・

入山受付
こんなことする山に始めてきました(@_@)
富士山にはなかった。



燕岳登山口で最後の準備。
ここのトイレは綺麗でした


いきなり急登(^_^;)マジ
さすがは北アルプス三大急登の一つ


第一ベンチ到着後、長男はすぐに水汲み場へ!
この水は飲めるみたいです。

少し下るので、この先の事を考え体力が不安な方はやめておいた方が・・・下山ルートも同じ道なら、帰り道に立ち寄れますし。。


ちょうど中間時点ぐらい。
まだ元気!まる~

てくてく


4か所目の休憩場所、富士見ベンチ。
疲れた~
他の2人もふにゅ~


やっぱりこの山はまだ厳しいかな(>_<)!



3人イェーイ(^o^)/
、心の中で「ちくしょう!全然元気じゃん!
私はこの時点でけっこう疲れてますけどね(^o^;)
ボソッ


林道から少しづつ景色が開けてきました。


雲の高さと同じぐらい。



元気なら10分。

歩いていると先の方から声が!
長男あっ、パンダがいるよぉ~
「何言ってんだか(-_-)ボソ
長男パンダがたくさんいるよぉ~


















あっ、パンダ。」
乗りの良いお嬢様方
子供のノリに付き合っていただきありがとうございます。



合戦小屋に到着(^^)v


とりあえずスイカ!
普段長男は、あまりスイカ食わないくせに
スイカ売りの
お姉さんたちに「カワィィ~
なんて言われちゃったもんだから
スイカバクバク食べてやんのっ!

そして後ろには取材陣がっ!
「取材してるよ~スゲー
そしてそして、さらにはいつのまにか
取材陣「あの~もしよろしければ・・・」

長男が取材受けてる~~~
どこのテレビ局でいつ放送するのかな??聞くの忘れた。


合戦小屋付近。
ときたまケーブルカー?でスイカが運ばれてきます。



とりあえず(^^)v
もう少し登ると森林限界(高い木が生育できなくなる限界高度)になりますので景色が変わってきますね!

長男もまだ平気そうなので、このまま山頂を目指します!
もしここで長男、もしくは(^_^;)気力・体力的無理そうであれば、ここで冷えたスイカを食べ引き返す(下山)予定でした!
・宿泊予定日は
祝祭日ではなく平日のため、山小屋の空きがあると思い宿の予約はしていません。


てくてく


チラっ


てくてく


景色は最高に良く、道も歩きやすくなりました!


今回の宿泊施設燕山荘が見えてきましたが、
とおおいっつ!
街中であれば絶対に歩く距離じゃないよ!


何それ?小石??
さすがに長男にも疲れが見えてきましたね。
あっ、
もちろん私はもっとひどい状態ですよ(><;)


ちょっと近づいてきた(^_^;)。

そして最後の最後に地獄の階段を上りきり
(勝手に付けた名前です)


とうちゃく~~~♪後ろには槍ヶ岳が!
長男も最後の方はかなり疲れたみたいで、ちょくちょく休憩しながらじぃじばぁばやさしく諭され 頑張ることができました!
良い笑顔だね!


スゲーっとなります(^o^)/


長男は元気が出てきたみたい(^o^)/
はしゃぎ始めます(^_^;)
回復が早いね!


さあ、燕山荘(えんざんそう)はすぐそこ!


右は燕岳山頂。
左に行けば表銀座コース。
表銀座コースはすばらしいコースみたいですね!
時間と体力があれば行ってみたいですね。


槍ヶ岳が綺麗に見れます!


すごい景色。
ホント凄い!

燕山荘横のテーブルでこの景色を味わいます!


背景の燕岳が女王なのに、カッコよすぎる!
後ろの人、疲れすぎてチョット眠いです。


槍ヶ岳もハッキリと見えます!
そして
長男は遊び始めます(^_^;)疲れてないの?

今日の宿泊先の燕山荘に受付を済ませると・・・

燕山荘入口で突然
登頂証明書授与式が始まりました(@_@。


お姉さんが大きな声で表彰!お姉さんの後ろにはたくさんの人だかりができ、みなさんの大きな拍手で表彰されました(^_^)パチパチ


記念品も頂きました!
子供にとってはとても良い思い出として残ると思います。
燕山荘の方々、ありがとうございます。



私達が泊まる部屋。
本来ならば8人部屋なんですが、この日は少しゆとりがあり私達だけで使用でき快適でした。
山小屋によっては、空きがでると予想できる日であっても、端からつめつめで、反対側の部屋はガラガラなんてこともあるので、このような気遣いは嬉しいですね♪



館内は綺麗で、トイレは水洗超キレイ(^o^)/
少し仮眠し疲れを取ります。
注意山頂に着きすぐに寝てはいけません!
起きていても横になることもいけません!
呼吸が浅くなり高山病にかかりやすくなります!


は今回、登っている時から微妙に頭が痛く、仮眠が終わり起きた時には結構頭が痛く、少し気持ちが悪くなっていました(>_<;)。
はい、高山病だと思います。

高山病は下山すれば治りますが、まだ平気そうなので燕岳山頂に向かいます!


燕山荘から燕岳山頂へは片道30分程度の距離なのでゆっくり登れば問題ないと思います。
霧が右側の下の方からどんどん吹き上がり、左から吹く風に流されています。

すごく綺麗な光景です。
ホント、来て良かった!


この岩、何に見えますか?
答え→かるい←逆さから読んで!


これ、じゃないですよ(@_@。
写真に変なトリックも使っていませんよ!


燕岳山頂まであと少し。
この距離であと少しと思えるあたりが、自分でも驚きです(@_@)
トレーニングを始める2週間前であれば
遠く感じたと思います。


3週間前頃から、
時間があれば子供たちと歩け歩け40分ぐらい始める。

2週間前

茅ヶ岳登山!


1週間前

瑞牆山登山(日本百名山)


話しは戻り、

何のだっけな?コマクサ?
根っこがすごく長いみたいです。
そこらじゅうに咲いていました。



燕岳登頂成功!


場所により超スリルを味わえますョ(((;゚Д゚)))
高い所が苦手な方は注意!


無事、山小屋まで下山し、
その後、

山小屋のコーヒー飲んで、お散歩したり散策したり、燕山荘のお土産買ったり、部屋でマッタリしたりして、満喫した時間を過ごしました。

この時間は最高ですね!


お腹ペコペコの長男
お腹が減ることは、良い事。
も高山病の症状はほとんど無くなり、夕食後には絶好調に!


食事をしながら燕山荘支配人の「山のお話」
面白く、分かりやすく話してくれるので、聞いていて飽きません。


ホルンの演奏。
長男はとても面白がっていました(^_^)ブオゥ~


雲が落ち着き、月が出てきた。
すごい雲海が現れます!


凄い光景ですよね!
だって、こんな景色でのんびりコーヒーが飲めるなんて!



朝日じゃないですよ!
太陽が沈む所。


この日は満月で星の数は少なかったですが、
ものすごく綺麗な夜の雲海と
まんまるで
とてもとても大きな満月が見れました!


私の写真では綺麗に撮れないので、ご了承ください^m^
この時点で新しいちょっと高性能カメラを買うことを決めた!



フラッシュをたくと何も映らない
暗闇の世界
夜景を楽しみながら小屋の周りを少しの時間ウロウロ
部屋に戻り、疲れていたためすぐに寝入ってしまいました。

1日目終わり。



2日目

空が明るくなってきました!


出てきた。


夜明け。
あっ、ズレた(^_^;)



花カッパ


みんな、オラに・・・
元気玉!



槍ヶ岳が、昨日からずぅ~っと眺められました。
槍っ!


いつかは・・・


燕山荘へは登山口より距離5.5km 標高差1,303m
よく頑張りました。
後はケガをしないように下山するだけ。



良い天気♪この景色ともお別れ。
またくるよ~



チングルマ
登山者には人気の花みたいです。



まだ元気(^^)v


駆け下りる。
元気が余ってる(^_^;)早いョ

下りは、
休憩タイム含め標準コースタイムぐらいなので、けっこう速いペースで下山しました(^_^;)。
下山はけっこう疲れた&膝がけっこう痛い(^_^;)。

帰りはお風呂に入り、美味しいお蕎麦・ソースかつ丼&道の駅に立ち寄り、午後4時前には無事ケガもなく家に着きました。


登頂証明書と記念品


困難を乗り越え、一回り成長したような気がします。


燕岳
・登山ルートの面白さ(綺麗、楽しい、大変さ)、
・景色の綺麗さ(登山道、高山植物、小屋、他の山々)、
・燕山荘から見る空(早朝、日中、夕方、夜)、
長男の笑顔や笑い声、
全てがいい思い出になりました!

今のところ、
私の好きな山で、
ダントツのナンバー1です!


P.S
後から知ったのですが、

この山は日本百名山ではありませんでした(^_^;)。
それまではずう~つと日本百名山だと思い込んでいました!

リンク

燕岳・燕山荘