本文へスキップ

たくさんの思い出ブログ。

子供と白馬岳登山(^o^)/2017/7/30~8/1

登山初日:猿倉荘ー白馬大雪渓ー白馬山荘。

今回は北アルプス白馬岳(しろうまだけ)登山!
ずぅ~っと、はくばだけと言っていました。
白馬の山小屋で働いていたことのあるお客さんや、モンベルのスタッフさんもみんな訂正してくれないので(^_^;)
はくばでもイイの?それとも優しさ
スキー場なんかは、はくばと呼ぶので(>_<;)ヤヤコシイネ

登山予定日、3週間前。

大雪渓に使用する軽アイゼン(チェーンスパイク)チェック!
1人で装着出来るよう練習も兼ねて!

長男の靴のサイズは19㎝ですが、小さな子供用アイゼンは売っていません(>_<)。
ばぁばのモンベル チェーンスパイク XS(20.5~23.5㎝)を借りて試したところ、緩みもなく平気そう!
見た目:超カッコイイーし、所々に付いてるスパイクがイイっ!

長男さっそく部屋の中を歩き回ろうとしたので、
(#゚Д゚)ゴルァ!!


長男これ強いよね!
たぶん本人はドラクエ気分♪
玄関で装備し、旅立ちました(^_^;)
まっ イイカ


5分後帰宅


ニコニコしてました(^_^)。



話しは戻り、白馬岳は、
北アルプス北部にある標高2,932 mの
百名山の一つ
日本三大雪渓の一つ
白馬大雪渓があり、
日本有数の高山植物が広がる山。
大雪渓お花畑岩場ロープウェイ温泉と様々に楽しめる要素があり、交通の便も比較的良いことから登山者には人気があり、山頂直下に位置する白馬山荘は日本最大の収容人員を誇る山小屋があります。

白馬岳登山予定表。
1日目:浦安ー栂池高原(つがいけこうげん)民宿(宿泊)。
2日目:民宿ー栂池高原駐車場ー猿倉荘ー白馬山荘(宿泊)。
3日目:白馬山荘ー自然園駅ー栂池高原駅ー日帰り温泉ー帰宅。



さあ、物語のはじまりはじまり(^o^)/

実は、当初の予定は2週間前でした(^_^;)。
天気予報が、登山予定2日間とも最悪なので持越し。
※山の天気予報【てんきとくらす】&普通の天気予報で判断していました。

1週間前
またもや2日間とも最悪(>_<)。
持越し。
そして、長男インフルエンザにかかる
(;゚д゚)
アワワ、しかもこの時期に?

後日、インフルエンザ治癒証明書を貰う。
(学校は夏休みだけど、学童に必要なので。)

当初の予定から3週間後、天気予報がビミョ~だけど、
待ちきれないので決行!


1日目。

仕事を終わらせ
、浦安17時出発!

もし今回行ってみて、天気が最悪だったり
少し登ってみて、
長男が無理そうであれば大雪渓を見て引き換えし、
温泉宿にでも泊まり、観光して帰ろう!
by
じぃじばぁば
このゆとりがありがたいですm(__)m

※民宿は前日に予約、山小屋は予約していません。
平日なのでこの方法が使えますが、
祝祭日は(^_^;)ムリ?

本日の予定地、栂池高原
付近の民宿へ!

:なぜ登山前日に栂池高原に泊まるの?
:栂池高原までは車で約4時間掛かり、宿泊無しだと
 ・前日夜出発→
現地車内で仮眠→登山開始!
 or深夜2時頃出発→
長時間運転→登山開始。
 どちらも超大変・・・(>_<)。


だったら前日は泊まっちゃおう♪」
と、なりました(^^)v


民宿へ着いたのは夜9時過ぎ。
来る途中で夕食を済ませてあるので、お風呂に入り、
明日は早いので就寝。
明日は頑張ろうね!



2日目。
朝4時半頃民宿を出発。


すぐ近くにある栂池高原駐車場(下山予定場所)に移動し、


駐車場にデッカイ ミミズがいた。


ここ(栂池高原駐車場)から


登山開始地点猿倉荘までタクシーで移動!
(5千円ちょい)


準備を整え、
さあ出発(^o^)/


本日のコース予定


猿倉荘(1,250m)→白馬尻小屋→白馬大雪渓→葱平(ねぶかっぴら)→避難小屋跡→白馬岳頂上宿舎→白馬山荘(2,832m)
標準コースタイム約7時間
【標高差約1,582m 】
コースタイムは休憩時間を含みません
私達は+1~2時間を目標に、
焦らず時間にゆとりを持ち登りたいと思います。




さあ、出発


えっ、もしかして


そう、これからこのレベルの山へ登ります!
写真の山は、たしか明日縦走する山だったかな?


う~ん、山に霧が掛かってる(^_^;)


アスレチックみたい!


大きな木。
何か巻き付いてる。


あじさい!?


気持ちの良い道を進みます。


「お~い!」
じぃじ長男(^^)v(^^)v


う~ん、とても綺麗だけど、遠い!


進む。


白馬尻小屋が見えてきたっ!


ここまでは全然疲れません(^^)v


大雪渓が見え始めました!


「どうした?」
長男「お腹へった。」
ここで朝食
(民宿でおばあちゃんがおにぎり作ってくれました。
有料
味:普通(^_^;)。


お布団干してる。


食事を終え、出発!


雪渓まであと少し!
長男は軽アイゼンを付け雪渓に登るのをとても楽しみにしていました!


綺麗な花。


軽アイゼンを付け大雪渓へ(^^)v


不思議な天気。


雪の上の岩はすべて落石みたいです(((;゚Д゚)))
コワイ


これも落石?


だんだん急になって行きます(^_^;)。


すごい亀裂。クレパス?


結構ツライです(^_^;)。


子供は軽いせいか、アイゼンがしっかり刺さらずに大変そうです。
たまに足を
ズルッとしてる。
滑ると体力消費が激しいんだよなぁ~
大人は全然滑らない!
モンベルチェーンスパイクは、付け外しも楽でイイネ!


(^^)/


スゴイ景色だなぁ~


一気に前が見えなくなったりします。


景色がデカすぎて、雪渓の終わりが見えているのに着かない!


結構な急斜面。
スキーで言えば中級コースぐらい。


この辺りまで登ると、(
赤丸)からパラパラ、コツコツコツなどと
岩場から転がる落石の音が頻繁に聞こえます。


ようやく大雪渓終了(>_<)。


大雪渓の次はコレか(>_<)!


長男は大雪渓に少し苦戦していましたが、岩場になりペースアップ!
お~い、おいていかないでくれっ(>_<)/


さすがに疲れてきたかな?
ばぁばがやさしく話しかけます。


長男「大丈夫!」


子供は回復が早いなぁ~(^_^;)
はそろそろ(^_^;)ヤバイ


雪解け水が凄いです。


小雪渓の横を登って行きます。
この辺りから高山植物が出てきます!


横に見える岩山。
私たちは、もっと高い山頂を目指します(>_<;)。


小雪渓
ここを横切ります。


さすがに疲れが・・・


先ほど見えた岩山が下に見えます。


小雪渓に着きました。


小雪渓反対側には
どでかいお花畑が!


さあ、進みます!
見てるかぎり、たいしたことないんだけど・・・


小雪渓を横切っている最中、滑り落ちることはほぼないんですけど、
ビビって(( ;゚Д゚))ブルブル わけわからない写真になりました。
ちなみに私は、
高所恐怖症!
高山病になりやすい!
下りで膝を痛めやすい!
体力が無い!(運動不足)

でも、北アルプスが大好き!


うわっ!
小雪渓横断中、もう一枚チャレンジしようとしたら、
ビビッてふらつき、空撮っちゃったよ!
もう怖いからヤメルヨ(>_<)。


避難小屋(^^)v


傾斜がさらにキツクなります(>_<)。
私「早いよっ!」


長男、
クルッ、(^^)v
ブイ
パシャ、
スタスタ歩きはじめる。
だから、早いって(^_^;)/
マッテ


スゴイ傾斜ですよね。


あと少し・・・足が・・・進ま・ない。


ついた。
しかぁ~し、私達の目的地はまだ先。
体力:
ヤバい
膝:平気。
体調:
高山病頭痛い
心:
折れてるもうダメホントもう嫌帰りたくないけど帰りたいあ~~~もう

長男は疲れてはいるけど平気そう(^_^;)
キツイ山を
7時間以上は歩いているのに
たくさんおしゃべりしてみんなを笑わせてくれます!
そして、
コロッケパンムシャムシャ食ってるよ!
ホント、スゲェ~なぁ。
俺はもう嫌だよ!


目的地は・・まだ・遠い・・・。


あっ、ヘリ!


あと少し。
心:
超~~~回復(^^)v


油断してたら写真撮られてた!
体:
歩くのを拒否してる
長男「早く行くよ~」


(^^)v(^^)v
見えてるのになかなか着かない(>_<;)。


あっ、またヘリ。
長男「ふるふる」


着きました~!
今日はもう山道歩かなくてイイ~♪

全行程、休憩や食事も含め
約9時間
そうとう頑張りましたね!


とりあえず(^^)v
ホントっ、疲れた(>_<)。


後ろのおばちゃんたちが微笑ましく
長男を見てる。
登山途中や、この後の山小屋ではアイドルなみにたくさんの方達から声を掛けられまくっていました(^_^;)。


あ~疲れた。
パシャ
あっ、シャッターボタン押しちゃったよ。


続きはこちら↓
白馬岳山頂~下山編

リンク

白馬山荘】【栂池高原