本文へスキップ

たくさんの思い出ブログ。

新潟県 森の学校キョロロ 美人林散策2017/3/20

スノーシュー(カンジキ)を履いて雪山散策!

今回は久々の長距離日帰り旅行、朝5時出発(^_^;)/
新潟県!越後湯沢辺りの、

越後松之山「森の学校」キョロロ&美人林(びじんばやし)雪山散策しに行きます!

ここまでの途中、トイレ休憩なども挟みながら長いトンネルを越えると
そこは雪国でした!


関越自動車道、塩沢石打IC手前にある??パーキング。
ドライバーチェンジで立ち寄り、綺麗だったので1枚。



残念ながら雪道ではありません(^_^;)
どうせここまで来たら、雪道走りたかった!



でも、雪はたくさんあります!


湯気?が立ち上り、神秘的な景色。
気温がどんどん上がり始め、風もないのでこのような景色になったのかな?


前が見えないので、運転手は大変です!


予定通り、立ち寄りながらも3時間ちょいで森の学校到着!


美人林散策まで少し時間があるので、館内をぷらぷら。


窓の外は雪だらけ。


素手で触らない方が良いカエル。
冬眠しないみたい。



さあ、美人林散策の時間になりました(^o^)/


スノーシューを履いての散策。
注意:履いていく靴ですが、スノーシューを履いていても雪が靴に入ってきますので、雪対策をした方が良いと思います。
長靴を貸してくれますが、足が冷えますよ。
私はハイカットの靴&裾がゴムで縮むズボンでハイカット部分を覆う。
子供:暖かい長靴みたいなやつ。



不安な顔してどうしたの?
あなたは数々の低い山を制覇してきたから(^_^;)
大丈夫
3歳頃から参加できるみたいですが、
1時間ぐらいは自分で歩けないと大変(付き添いの方)だと思います。



さあ出発!


ネイチャーガイド付きなので、
安心でたくさんのお話を聞かせてくれます。

子供たちにはスキーウェアを着せていますが、全然寒くなく袖まくりしています。
もう少し寒い時期だと、
木の枝にもたくさんの雪が積もっていて真冬の景色を楽しめますが寒さは厳しい。
しかし今の時期は寒さがなく、気持ちの良い気温で雪が見れる。
さあ、あなたならどちらを選びます


次は杉林へ!


葉っぱや、枝が結構おちています。


これが花粉を巻き散らし、
製薬会社が儲かる。
もちろんそんな説明はしていませんよ。


金のなる木。


まだ少しぎこちなく歩いてます。


ガイドさんと何か話してる。
ホントあなたは(
お兄ちゃん)は誰とでも馴染むの早いよね。


んっ


ここいらでは、このような物(かんじき)が普通に売っているみたい。
海の近くのコンビニでは浮き輪が売っているみたいなもんか。



もう少しで杉林を抜けます。


ずいぶん慣れてきました。
子供は順応するのが早いですね。



しっかりとした足取りになってきました。


さあ、目的地の美人林に到着!


雪の無い時期と比べ、地上から2m近く高い場所を歩いています。
後ろの小さいのはオラフ作りに夢中です。


「もう、オラフつくってるとちゅうなんだから!」


(^^)v


お兄ちゃんの作った雪だるまに枝を刺しオラフ完成!
「あとは、にんじんがあればいいんだけどなぁ。」


木の鼓動を聞いています。
暖かい季節の方が聞こえるみたいですよ。



くっつきすぎ。
癒されます。



池?
説明して頂きましたが、
お兄ちゃんが落ちないか心配で(
前に出過ぎ)、
その事ばかりが気になり、話の内容を覚えていません(^_^;)。



キモチガイイ!


何か見つけた?
つぼみの付いた
折れて落ちた枝です。
水に浸けておくと、上手くいけば葉が出る?咲く?
※あたりまえですが、枝を折って持ち帰ってはいけません!


ばぁば:黙々と形の良い枝を拾う。
:小さいのを拾う。


あれが・・・


美人林の主?最年長さん(木)です。
周りの木と比べると太さが違う。


写真では分かりづらいのですが、急な下り坂。


子供たちは難なくクリア。


妹がゴロン。
ばぁば「ニコニコ(^_^)。」
通過


お兄ちゃんが近づき、
お兄ちゃん「(^^)v」
通過

誰も起こしてくれないので、自分で起きようとすると腕が埋まる。
スノーシューってすごいんだな!
「んっ、んんっ」もがいてる。
通過

その後、多分自分で起きたか、
じぃじが救助したと思う。
そして・・・

妹のマネをして、ハマる。
もがく。
通過。しようとしたら、
お兄ちゃんた・す・け・て。」
救助


またまた、写真では分かりづらいのですが、
急こう配


:慎重。


:まだ慎重。
お兄ちゃん:普通に下る。


お兄ちゃん:コケル。
「だいじょうぶ?」


お兄ちゃん:動物の足跡見つける。


:追跡を始め、森に入ろうとする。
阻止


錆だらけの森の学校へ帰ってきました。
わざと錆させて・・・忘れました。



寒くはなかったですが身体を動かし、お腹が空いた所で、


囲炉裏を囲み、お話を聞きながらの


飯。
鍋は弦されていて、おたまですくう時は、
お皿で鍋の揺れを抑えながらすくうと、鍋が揺れない。
by森の学校支配人



鍋はおかわり自由。
鍋は味がかなり薄いのですが、
がドハマり!おかわりしてた(@_@。
!子供の分まで甘酒頼んだのは!
by
じぃじ
もったいないので、
が甘酒3杯飲みました。


巨大なだんご?
あんこと、野沢菜?2種類。
野沢菜だんご、子供の分まである。
?頼んだの。
by
じぃじ
子供全然食べない(>_<)。
:さすがに食べきれないよ(>_<)。


横の方がおいしそうにお餅を食べていたので、
それを見てお餅
追加
by
じぃじ
「・・・。」


お兄ちゃん:かぶりつく。
じぃじ:嬉しそうに見てる。
竹串に刺したお餅は、写真のように上からかぶりつくと・・・
すっぽ抜けます。
すっぽ抜けました。
横からかぶりつくと良いみたいです。



サリガ二釣り。


まったく釣れません(^_^;)。
最後に、キョロロ(森の学校)展望台行くの忘れた。

キョロロを後にし、
お土産屋さんへ。


いくつかのお土産屋さんに立ち寄った後、
最後に越後湯沢駅(上越新幹線)に寄り、
お兄ちゃんが「これほしい!」
「何それ?」
お兄ちゃん「たまごかけごはん用のしょうゆ。」
「・・・ほしいの?」
このやり取りを
激写


写真:
あなたからしたらお菓子の山だね(^_^;)


ここから新幹線で帰れば東京まで1時間。
私達は車。
祭日で渋滞が予想されるので(( ;゚Д゚))ブルブル


無事夕方には帰宅できました(^。^;) ホッ
美人林からのお土産。
育てばいいね。

リンク

美人林(びじんばやし)